Inspire対応レンズ

ZENMUSE X5S

カメラの安定性が向上

Zenmuse X5Sは、高度に最適化された3軸ジンバルです。
ジンバルには、ピンポイントで高精度な回転が可能なモーターと専用プロセッサーにより、角度ぶれ範囲は±0.01°となっています。
X5Sは、他のジンバルのように電子スリップリングを使用していません。
X5Sは、ケーブル類をジンバル内部に収めることで、より安定したデータ伝送とより優れた耐久性を確保しました。
3個の防振ボールと軽量な防振ボードを使って振動を取り除き、シームレスで滑らかな動画を撮影します。
ジンバルによる回転と、滑らかな機体の回転を組み合わせることで、360°回転するカメラワークを可能にします。90mm(35mm判換算の焦点距離)のレンズを使用する場合でも、安定した滑らかな映像(GPSモードでは、露出時間は1/60以上)を撮影できます。

さまざまなレンズとの互換性

Zenmuse X5S は、Micro 4/3マウントが採用されているため、焦点距離が9〜45mm(35mm判換算で18〜90mm)の最大8種類のプロフェッショナル仕様のレンズ(※)に対応しています。
このため、よりクリエイティブな撮影が可能となります。

■対応レンズ
 Olympus M.Zuiko 12mm/2.0
 DJI MFT 15mm/1.7 ASPH
 Olympus M.Zuiko 17mm/1.8
 Panasonic Lumix 15mm/1.7
 Olympus M.Zuiko 25mm/1.8
 Panasonic Lumix 14-42mm/3.5-5.6 HD
 Olympus M.Zuiko 45mm/1.8
 Olympus M.Zuiko 9-18mm/4.0-5.6

(※)一部のレンズではバランシングリングが必要です。

ZENMUSE X7Z


一体型ジンバル搭載のコンパクトSuper 35mmカメラ

世界初空撮用一体化レンズマウントであるDLマウントを採用。対応した4つの単焦点レンズを素早く切り替えることができます。

16mm/24mm/35mm/50mm

Zenmuse X7とZenmuse X5Sの
主な違い

Zenmuse X7は、Super 35mm映像センサーと、
互換性のある4本(16mm、24mm、35mm、50mm)の空撮用レンズを取り付けられるDL-マウントを搭載しています。
 
一方、Zenmuse X5Sのセンサーサイズは4/3インチで、標準のマイクロフォーサーズマウントを搭載し、8本のプロ向けレンズに対応しています。
 ※X5Sに互換性のある一部のレンズには、バランスリングが必要です。